news ニュース

2020.12.11

会員制イノベーション創出拠点の名称決定および課題解決プログラム第一弾「リモート観光プラットフォーム」の開始について

 一般社団法人関西イノベーションセンター(以下、当社団)は、本日、当社団の社員である株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループおよび株式会社三菱UFJ銀行とともに、下記の通りプレスリリースしましたので、お知らせします。

2020年1211日付プレスリリース
会員制イノベーション創出拠点の名称決定および課題解決プログラム第一弾「リモート観光プラットフォーム」の開始について
(プレスリリース内容は「本件に関する詳細」より資料ダウンロードのうえご覧ください)

 また、課題解決プログラム第一弾「リモート観光プラットフォーム」において、当社団のパートナー団体である一般社団法人未踏が有する有力スタートアップネットワークの一員であるFairy Devices株式会社と協働しており、実証実験では、同社が開発する「THINKLET®」(首掛け型のカメラ・マイク付き通信デバイス)を使用しています。

 なお、同社は、音声認識AIをはじめとした技術力を活かしたB to Bビジネスを中心に展開していますが、今後は、下記リンクのイメージ動画で表現されているようなコンシューマ向けのビジネス展開も進めたいと考えています。MUIC Kansaiは、同社の成長戦略をスピーディーに実現するプラットフォームとして機能しています。

THINKLET®のイメージ動画

本件に関する詳細

本件に関するお問い合わせ

本件に関するお問い合わせ
一般社団法人関西イノベーションセンター 070-2460-4641

MUIC Kansai